C23

C23

セレナが登場する少し前までは「バネットコーチ」と呼ばれる車が存在していました。
そのバネットコーチのモデルチェンジ版としてこの初代セレナであるC23型が登場したのです。

今までのミニバンは乗り心地や走りのよさと言うものとはまったくと言って良いほど無縁の状態にありました。しかしこの初代セレナは、助手席の下にエンジンを設置して運動性能を高める工夫をした結果、それまでのモッサリよたよたした動きから進化を遂げて、ドライバーにスポーツカーや高級セダンでなくとも走りのよさを味わうことの出来るモデルとして登場したのです。

ほかにも世界ではじめてとなるパワーウィンドウを採用したのもこの初代セレナでした。今でこそ自動開閉窓と呼ばれることもあるパワーウィンドウは当たり前の装備となっているのが自動車ですが、それまでは手動で開く窓が一般的な時代でした。このパワーウィンドウの登場によって窓の開け閉めが楽になり、自動車業界に大きな影響を与えたのです。

それから、この初代からもうすでにオ−テックジャパンの手によってチューニングがほどこされた「ハイウェイスター」がグレードの中に登場し、ミニバンのチューニングの可能性を示唆していました。

FX売買損益